ホーム > 中期の離乳食

中期の離乳食:記事一覧

 離乳食の中期は生後7~8ヵ月ぐらいといわれています。
 ドローッとしたものやべたーっとしたメニューをゴックンとすることがうまくなれば、1度に食べられる量も増えてきます。
 初期の丸飲み状態から、次第に形のあるものを、下とあごでつぶして食べる食べ方を練習していく時期になります。
 茶碗蒸し、フレークなどを献立に入れていきます。
 また、1日に2回ぐらい食べさせる習慣づけをしていくといいようです。
 この頃の固さは豆腐状、上あごと舌を使ってモグモグする練習です。なので、モグモグ期ともいわれます。回数は1日2回にしていきます。この頃からごく少量の調味料(しょうゆ・塩・砂糖)が使えます。

スポンサードリンク


1